オーナーシェフ 口博啓 Hironobu Tsujiguchi

クープ・ド・モンドなどの洋菓子の世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つパティシエ、ショコラティエ。現在はオーナーパティシエ・ショコラティエとして、モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開。2014年には初の海外店舗「モンサンクレール ソウル」をオープン。 今もなおコンクールに挑戦しており、サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会では、2013年~2017年の5年連続で最高評価を獲得。2015年には「インターナショナルチョコレートアワーズ世界大会」のチョコレートバー部門で金賞を受賞。 スイーツを通した地域振興、企業とのコラボレーションやプロデュース、講演や著書出版など積極的に活動する他、低糖質スイーツの第一人者として数々のロカボスイーツの開発・監修に取り組む。2015年にはNHK朝の連続テレビ小説「まれ」の製菓指導を務めた。

日本スイーツ協会代表理事/石川県観光大使/三重県観光大使/金沢大学非常勤講師/産業能率大学客員教授

詳細プロフィール・最新の活動状況はこちら
http://www.super-sweets.co.jp/

スーシェフ 大井博司 Hiroshi Ohi

1988年生まれ。高校卒業後、株式会社モンサンクレールへ入社。2014年、「モンサンクレールソウル」の立ち上げのため約1年間韓国に指導に赴く。2015年に帰国。同年開催のジャパンケーキショーにてプティガトー部門金賞受賞。2016年9月より「モンサンクレール」(東京・自由が丘)のスーシェフに就任。2017年、第3回内海会味覚コンクール(2017)最優秀味覚賞受賞。