スーシェフズボイス Mont St. ClairのSous Chef 坂下寛志のブログ。新商品情報やアトリエの様子などをお届けします。
Profile

大井 博司

大井博司(おおい ひろし)

高校を卒業後モンサンクレールへ入社。
今までの経験が見込まれて
2014年12月オープン時、約1年間にわたり韓国のモンサンクレールへ指導へ赴く。
2016年9月より統括に就任。



ジャパンケーキショー ( 2015 )
【プティガトー部門金賞】
受賞
latest Entry
Archive

RSS2.0

2007/03/24
スズラン 高崎店さんにおじゃまします。

3月28日〜4月3日の間、スズラン 高崎店さんで催される『春の全国うまいもの会』に参加します。

26日、27日はお店でも好評な“プチマドレーヌ 24個入り”と“ケーク・オ・キャラメル”を、29日からは、この季節にぴったりな“桜”の4号サイズと、“タルト・フリュイ・ルージュ”の4号サイズを販売いたします。 

タルト・フリュイ・ルージュは、旬の苺と相性のいいフランボワーズ、ブラックベリーなどをたっぷり使ったタルトです。

みなさまお待ちしております。

2007/03/20
スタッフ募集しております。


『桜』製作中の谷脇君と成田君

モンサンクレールでは、スタッフを募集しております。

製造スタッフ、販売スタッフ、同時募集中です。

商品のクオリティの向上、ラインナップの拡大、来春に向け新たな計画もスタートしており、ご興味ある方は、ご一報お待ちしております。

2007/03/19
ロッシェ ピスターシュ・カプチーノ・ヴァン ルージュ


【ヴァン ルージュ】


【カプチーノ】


【ロッシェ ピスターシュ】

バレンタイン、ホワイトデーとショコラモンサンクレールのボンボンショコラを、楽しんでいただいた皆さまがおいでくださってますのか、閉店近くになるとショコラがほとんど無くなってしまう毎日ですが、新作が登場しました。


『ロッシェ ピスターシュ』
“ピスターシュ風味のショコラ”と“ピスターシュのショコラ”は大きく違います。目指したのは後者。
濃厚なピスタチオのガナッシュと、その上にはサクサクしたフィヤンティーヌ。シナモン、キルシュが加わり、素晴らしいショコラができあがりました。


『カプチーノ』
このショコラは見た目も楽しい2層になっております。
上の層がシナモンが香るガナッシュモンテ。空気を含ませてあり、溶けるというよりは、消えるというニュアンスに近いガナッシュです。下の層はビターなコーヒーのガナッシュ。
まずシナモンが軽やかに香り、その後からコーヒーが口いっぱいに広がる、まさに“カプチーノ”です。


『ヴァン ルージュ』
今年のバレンタインで限定でお出ししていたボルドーの赤ワイン“カロンセギュール”を使用した【エテルニテ】(http://www.ms-clair.co.jp/voice/index.html?d=200701)が大好評で、その後も「赤ワインのショコラが欲しい」という皆さまの声にお応えして、ボディのしっかりとした、同じボルドーの赤ワインを使用してショコラを作りました。
赤と黒のシックな仕上げで大人のショコラの登場です。


その他にも様々なボンボンショコラが皆さまをお待ちしておりますので、ご来店の際は、ぜひ店内奥のショコラモンサンクレールものぞいてみてください。





2007/03/18
ホワイトデーはいかがでしたか?


ホワイトデー期間中の店内

ホワイトデーの期間中、大変多くの皆さまにご来店いただきまして、誠にありがとうございました。また、大変混雑した店内の中、オペレーション等、十分にサービスが行き渡りませんでしたことを、ここにお詫び申し上げます。

さて、この期間中はいつも以上に男性のお客様がご来店いただきました。普段は足早にご購入される方が多いのですが、この期間中の皆さまは、熱心に商品をお選びいただいておりました。

私も店内でご案内しておりましたが、「女性に人気のお菓子は?」ですとか、「彼女にプレゼントしたいのですが、、。」というお問い合わせをたくさん頂きました。

焼き菓子は詰め合わせのみの販売とさせていだいておりましたが、男性が気恥ずかしくなるようなハートの形のお菓子はあえて避け、且つ女性の皆さまがよく購入されるお菓子、女性スタッフの好みのお菓子を詰め合わせていただきました。
贈る側、贈られる側、ともにご満足いただけたのではないでしょうか。

モンサンクレールは他のお店に比べ、男性のお客様が多いように思われます。自分好みのお菓子というものが存在するみたいで、朝から並ばれる方もちらほら。
専門店の味の違いを、男性の方に気軽に楽しんでいただき始めているのですね。

男性の皆さまの、ぜひご家族と、親しい方と、時にはおひとりだけでも、モンサンクレールのお菓子を楽しみに、お気軽にご来店下さいませ。